バッグなどと同様に、多くの種類が存在するのですが、やはり目立つのはモノグラムです。
カギという金属のものを収めるのですから、耐久性が大切です。
その点で、モノグラムは非常に強く、摩耗で傷んでしまう可能性も低い点がキーケース向きだといえるでしょう。

財布のようにダミエも存在します。
市松模様のダミエは、複製され続けてしまった結果、一時期ラインナップから消えてしまっていました。
現在では復刻しているのですが、カラーを考えたほうが無難ともいえます。
どうしても、カギは汚れています。
綺麗に見えても、それなりに油もついてくるものなのです。
ダミエのアズールのキーケースは確かにきれいなのですが、汚れも目立つことを覚悟したほうがいいでしょう。
汚れが付きにくいようにはなっているのですが、それでもついてしまうのがキーケースなのです。

ルイヴィトンのキーケースには、4連と6連が存在します。
カギが薄いものであれば4連でも綺麗に収まるのですが、本数が多い場合や厚いカギがある場合は6連にするといいでしょう。
余裕を少し持たせたほうが持ちもよくなりますし、見た目も美しく使っていくことができます。
ぎゅうぎゅう詰めのキーケースも見かけたりしますが、閉まらないようでは、見た目にだらしなさが出てしまいます。 ほどほどにしておくところも、大切な選択となるのです。

エルメス買取ならセレブブランド
不要になった買取ご希望ならセレブブランドをご利用ください!