抑えたデザインだからこそ使いやすい、ルイヴィトンのダミエの財布

ルイヴィトンの財布の中で人気があるのが、やはりモノグラムではありますが、地味ではありますがダミエもかなり有名です。 市松模様で出来上がっているデザインはとてもシンプルで、性別を問わず使いやすいといえるでしょう。

エルメス買取ならセレブブランド
不要になった買取ご希望ならセレブブランドをご利用ください!

モノグラムも確かに性別を問いませんが、さらにシンプルですから、男性が持っていても不自然さはありません。
ダミエの場合には、ブランドネームが前面に出ていないところが、モノグラムとの最大の違いです。
落ち着きという点では、しっくりくるデザインであるといえるでしょう。

このダミエは、もともと複製防止のために作られたデザインです。
人気が出始めたころのルイヴィトンは、いかに模倣品を防ぐかということに忙殺された時期があります。
それだけの人気があったともいえるのですが、その中でダミエは誕生します。
ですが、そこまで複雑なデザインでもなかったため、すぐに模倣されてしまい、一時期ラインナップから消えていた時期があるのです。

ダミエの財布にも、デザインによっていくつかの種類が存在します。
標準的なもののほか、男性に人気の高いグラフィットや白を基調とした柔らかい配色のアズールがあるのです。
市松模様という単純なデザインではありますが、これを生かしていくのは、単純であるがゆえに難しいことでもあります。

グラフィットもアズールも、驚くほどシンプルなデザインですから、誰でも使うことができるなじみやすいものでもあるといえるでしょう。