長く使うことができるルイヴィトンの財布

日本人の財布というと、とにかくルイヴィトンを見かけるでしょう。 それだけ日本人が愛してやまないのには、耐久性という理由があるといえるでしょう。 日本人の気質として、高額を投資するのであれば、それに見合う性能という見返りを要求します。

長く使えることや、高性能であること、それだけのブランド価値があることなどがあげられますが、ルイヴィトンの財布はすべて持っているのです。

ルイヴィトンの財布には、いくつものバリエーションが存在します。
中でも、日本人が愛してやまないのが、モノグラムでしょう。
LとVを組み合わせたデザインは、日本の家紋がモチーフにされているといわれています。
一部に革を使ったキャンバス素材製がメインになっており、非常に耐久性が高く、長く使っていくことができるようになっています。
このモノグラムだけで、全体の6割以上になるともいわれるほど人気が高い商品になっているのです。

モノグラムと双璧ともいえるのがダミエでしょう。
市松模様のデザインは、オーソドックスであるがゆえに飽きが来ないものといえます。
一度は廃盤になりましたが、現在では復刻しており、モノグラムとともにルイヴィトンを支えているといっていいでしょう。

女性に人気なのはエピでしょう。
麦の穂をイメージして作られた財布であり、柔らかなデザインは女性的であるといえます。

色々なデザインのものがありますが、そのどれも機能的にできています。

カードの収納にも強く、長く使っていけることは間違いないのです。

エルメス買取ならセレブブランド
不要になった買取ご希望ならセレブブランドをご利用ください!