なぜルイヴィトンを日本人が好むのか

日本人のルイヴィトン好きは世界でも有名で、バッグを持っている人の5人に1人はルイヴィトンだといわれます。 それぐらい愛用されているブランドであり、ほしいと思わせるブランドだといえるでしょう。

それぐらい愛されているルイヴィトンは、1854年に世界で初めて旅行カバン専門店として開業しました。
四角く丈夫なカバンは、それまでの丸っこいカバンに比べ上積みできることが利点だったのです。
そのため、瞬く間に販路は拡大し、急成長していったのです。
ですが、評判を一気に上げることになるのは、世界博覧会で銅メダルをとってからになるのです。
これによって、世界中に名前を知られるようになり、エジプト、ロシア、スペインからもオーダーされるようになり、一躍世界に羽ばたくことになったのです。

ルイヴィトンのブランド戦略は、高い価格に見合うだけの価値を創造し、常に新鮮なものとして提供するというところにあるでしょう。
シャネルなどと比べ、非常に頑丈で長持ちするバッグは、下手をすればオーバークオリティになり、買い替えは進まず顧客は成長していかない恐れがあります。
しかし、常にフレッシュなブランドであり続けるために、新作を投入し市場を刺激していきます。
それでも定番はしっかりと守り続けるため、古さを感じさせ陳腐化させることもないのです。
ですから、安売りもしませんし、在庫セールもありません。
それだけのブランドを構築し、買ってくれた顧客の価値を下げないでいるため、何かあればまた買おうというブランドへの忠誠心を育ててきたのです。

何年たっても新鮮で、それでいて定番。

持っていること自体が、いつの時代でもステータスであり続ける姿は、日本人が好む構造といえるでしょう。

ブランドバッグの高価買取のお店

エルメス 買取
http://www.celeb-brand.com/lpo/buy/
エルメス買取の【セレブブランド】ブランド品の高額買取・委託販売